福祉情報検索サイトPonte(ポンテ)利用規約

 

福祉情報検索サイトPonte(以下「当サイト」といいます。)をご利用いただくには、当サイト利用規約(以下「当規約」といいます。)にご承認いただく必要があります。

当規約には、当サイトを通じて提供される各種サービスの内容のほか、個人情報保護法に基づく個人情報の利用目的、第三者提供等についても記載されておりますのでご確認、ご理解の上、ご承認ください。

 

(定義)

第1条 当規約において使用する用語の定義は、それぞれ以下に定めるとおりです。

(1)「Ponte」とは、NPO法人マックネットシステム(以下、当法人)が運営するインターネット上の福祉情報検索サイトを言います。

Ponteとはフランス語で「橋」を意味し、利用者同士の橋渡しを目的としています。
なお、サイト名称及びドメインは当法人の判断にて随時、追加、変更、削除されるものとします。

(2)「知的財産権」とは、コンテンツ、文書、画像、画面デザイン、その他一切の著作物の著作権、並びに、商標権、特許権、実用新案権、意匠権、デザイン、ノウハウその他一切の知的財産権(および上記権利を受ける権利、上記権利の登録等を出願する権利を含みます)をいいます。

(3)「個人情報」とは、第3条に定める当サービスの提供に際して当法人が知り得た利用者等の個人に関する情報であって、当該情報に含まれる氏名、メールアドレスその他の記述等により特定の個人を識別することができるもの(他の情報と容易に照合することができ、それにより特定の個人を識別できることとなるものを含みます)をいいます。

(4)「利用者」とは、当サイトを利用する者すべてをいいます。

(5)「一般利用者」とは、利用者のうち会員以外の利用者をいいます。

(6)「会員」とは、利用者のうち当法人の手続きに基づいて当サイトの会員登録をした個人及び団体であって、一般利用者以外の利用者をいいます。

(7)「一般会員」とは、会員のうち賛助会員以外の会員をいいます。

(8)「賛助会員」とは、会員のうち当法人の手続きに基づいて当法人の賛助会員として入会した個人及び団体であって、一般会員以外の会員をいいます。
(9)「ID・パスワード」とは、当サービスを利用するために必要となるID・パスワードをいいます。


(当規約の適用範囲等)

第2条 当規約は、利用者と当法人との間の当サイトの利用に関する一切の関係に適用されるものとします。
2.当法人は、当サイトにおいて提供されるサービス(以下「当サービス」といいます。)のそれぞれについて、当法人の判断にて随時、個別規約を定めることができるものとします。

. 当サービスのそれぞれについて、当規約と当該サービスの個別規約に相違がある場合には、当該個別規約が当規約に優先して適用されるものとします。

. 利用者は、当サービス利用開始前に、当規約その他、当サービスに適用される個別規約がある場合は、その両方を最後まで熟読してその内容を十分に理解し、予め同意・承諾した上で、当サービスを利用するものとし、当サービスを利用するにあたっては、当規約および個別規約を誠実に遵守するものとします。

(サービス内容)

3条 当サービスの具体的内容は、以下に定めるとおりです。
2.情報提供サービス

(1)施設情報

医療福祉従事者、一般市民に対し、本規約及び個別規約に基づき登録された施設の全般的情報の提供。ここでの全般的情報とは、基本情報(ふりがな、名称、TELFAX、住所、中学校区、開設年月日、施設種別、担当者名、ホームページアドレス、施設画像)、空室の有無、空室の備考、入居費用に関する項目(利用料金(月額)、利用料金備考、入居金・敷金等、入居金備考、介護保険サービス費、入居時保証人)、入居費用の内訳(居室料金(月額)、居室料金備考、食事代(月額)、食事代備考、管理費や共益費(月額)、管理費共益費備考、その他自費)、居室設備(個室、2人部屋、多床室)、入所対象者条件(介護度、生活保護、入所定員、介護支援専門員の継続、往診の有無、他事務所の通所系サービスの利用)、対応可能な医療行為等(治療食、嚥下食、胃ろう等、身体状況・施設提供サービスに関する33項目)、併設事務所の情報(訪問看護ステーション、居宅介護支援事業者、小規模多機能型居宅介護、デイサービス、訪問介護事業所、その他併設事務所)、協力医療機関。
3.一般会員と賛助会員との異同

一般会員及び賛助会員は上記全般情報を無料で登録できる。ただし、下記項目に関しては賛助会員のみとする。

(1)施設画像9枚(会員は3枚)
(2)施設パンフレット

(3)印刷用PDF

(4)SNSFacebookTwitterInstagramYouTube

(5)担当者からのおすすめポイント
(6)問い合わせフォーム

 

(契約当事者等)

4条 利用者同士の間の取引は、当該各当事者による直接の取引であり、当法人は当該取引の契約当事者にはならず、当該取引には一切関与せず、利用者の代理人としての地位を有しません。

. 利用者は次の各号に規定する事項を十分に理解し、かつ、了承した上で、当サービスを利用するものとします。

(1)利用者は、いずれも当法人とは別個の個人及び団体であり、当法人と一体をなすものではないこと。

(2)当法人は利用者同士の間で締結する契約の内容、契約の履行等について一切保証しないこと。

. 情報提供サービス等により福祉施設等から提供された情報に基づいて、利用または利用を勧める利用者は、法令を遵守し、自ら契約条件の交渉を行い、自らの判断と責任において取引の成否を判断し、契約を締結するものとします。

. 利用者同士の間に生じた法律問題、トラブルその他一切の紛争等は、利用者が自らの費用と責任により解決するものとし、当方人は一切関与しないものとします。

(非保証等)

5条 当法人は当サイトを通して利用者に提供するサービス・施設情報等その他の情報の内容に関する正当性、妥当性、適法性、真実性、有用性、安全性、品質及びその他一切の事項について保証するものではありません。

. 前項に定める情報の全部または一部は、利用者に対し予告なく、変更、削除される場合があることを、利用者はあらかじめ了承した上で、当該サービスを利用するものとします。

. 当サイトの利用者同士が、直接取引を行う場合には、施設情報等の内容については、利用者同士が自ら直接確認を行い、情報の内容を吟味し、取引の成否を自らの責任において判断するものとします。

. 施設情報等が当サイトに掲載された場合でも、会員の事情によっては、施設等又は施設等のサービスの一部の利用が不可能となる場合があることを利用者はあらかじめ了承するものとします。

. 利用者が、当サイトを利用し又は当サイト上の情報を利用したことにより損害・損失を被った場合においても、当法人は一切の責任を負わないものとします。


(入会手続)

6 当サイトに会員登録をして、当サービスを利用しようとする者(以下、「入会希望者」といいます。)は、当規約に同意をした上で以下に定める手続き、その他当法人が定める手続きに従って個人・団体が入会を申し込むものとします。

(1)入会希望者は、当規約の内容を確認、同意の上申し込みを行うものとします。

(2)入会希望者は、当サイトにて入会の申し込みを行うことにより、当規約に同意したものとみなされます。

(3)入会希望者は、氏名及びメールアドレス等、その他会員入会手続きの画面において当法人が定める登録事項を全て入力するものとします。なお、入力内容に誤りまたは不備があったことにより入会希望者が不利益を被ったとしても、当法人は一切の責任を負わないものとします。

(申し込みの承諾)

7条 当法人は、入会希望者による前条の入会手続きを受け付けた後、入会承諾審査(電話等による事業所確認)を行い、入会を承諾したときは、入会希望者に対して、会員IDおよびパスワードを発行するものとします。

2.前項に定める会員IDおよびパスワードは、当法人から入会希望者にメールにて送信されるものとします。

3.当サイトの入会手続きは、会員IDおよびパスワードが記載された前項に定めるメールが入会希望者に受信された時点をもって終了し、入会希望者は会員登録手続終了時点以後に会員となり、当規定の定めに従い当サイトを利用できるものとします。

4. 当法人は、入会希望者が以下に定める事由のいずれかに該当する場合、入会希望者の入会を認めない場合があります。
(1)入会希望者が実存しない場合

(2)入会希望者が、過去に、当規約又は個別規約等に違反したことにより、会員資格の停止を受け、または会員資格の抹消が行われたことがある場合
(3)入会希望者が第6条(3)に定める登録事項を登録せず又は当法人に届け出た事項に虚偽があった場合

(4)入会希望者が、第14条に定める会員資格の停止、抹消の事由のいずれかに該当する場合

(5)入会希望者が、暴力団、暴力団員、暴力団準構成員、暴力団関係企業、総会屋等、社会運動等標榜ゴロ又は特殊知能暴力集団等、その他これらに準ずるもの(以下、「反社会的勢力等」といいます)である場合または過去において反社会的勢力等であった場合

(6)入会希望者が、未成年者、成年被後見人、被補佐人、または被補助人のいずれかであり、入会について、法定代理人、後見人、補佐人または補助人の同意・承諾を得ていない場合、並びに、当該同意・承諾があると偽った場合、また法人にあっては、破産手続き開始、民事再生手続き開始、会社更生手続き開始その他の法的倒産手続き開始の申し立てがされ、または内整理が開始されたとき

(7)その他、入会希望者を会員登録することを当法人が不適切と判断した場合


(会員ID・パスワード)

8 会員は、自己の責任において、ID・パスワードを適切に管理・保管するものとし、これを第三者に開示・利用させること及び貸与、譲渡、売買、担保提供等をしてはならないものとします。

.当法人は、ログイン時に使用されたID・パスワードが登録されたものと一致することを所定の方法で確認した場合、当該ログインした者を真正な登録ユーザーとみなします。

3.会員によるID・パスワードの管理不十分、使用上の過誤、不正使用等によって利用者が損害を被ったとしても、当法人は一切責任を負わないものとします。また、会員は、そのID・パスワードの管理不十分、使用上の過誤、不正使用等によって当法人又は他の利用者、その他の第三者に生じた損害等につき、会員自ら責任を負うものとします。

4.会員は、ID・パスワードが盗まれたり、第三者に使用されていることを知った場合には、ただちに当法人にその旨を連絡すると共に、当法人から指示を受けた場合には、これに従うものとします。


(登録事項の変更等)

9 会員は、会員情報の登録事項に変更が生じた時は、遅滞なく、会員自身にて変更登録するものとします。

2.当サイト及び当サービスに関する案内、システムメンテナンスの告知、当サービスの内容変更、追加、廃止、一時停止もしくは中断、その他、当法人から会員に対する通知または連絡が、会員登録等の際に届け出た電子メールアドレスに対する電子メール、電話、郵送または当サイトへの掲載のいずれかの方法によってなされることを了承するものとします。

3.  会員が第一項の届出を怠った場合、当法人から会員に対する通知または連絡は、当法人が会員登録等の際に会員が届け出た電子メールアドレス宛に電子メールを送信することにより、通常到達すべき時に到達したものとし、会員は、これに異議なく承諾するものとします。

(退会)

10 会員が退会を希望する場合、当法人所定の方法により当法人に届け出るものとします。

(1)一般会員

当サイト上で退会処理の手続き。
(2)賛助会員

当法人の細則に定める手続き。ただし、賛助会員が当法人の細則に定める手続きにより賛助会員を退会しても自動的に一般会員として登録されることとします。さらに一般会員の退会を希望する場合は当サイト上で退会処理の手続きを行うこととします。但し、当法人細則第1112,3,4号及び第131項に該当した退会の場合は一般会員の資格も喪失し、同時に退会とすることとします。

2.会員が当サイトの会員を退会した時は、当サイトの利用に関する一切の権利を失うものとします。

3.会員に次の各号に定める事由が発生した時は、退会したものとみなし、以降、ID及びパスワードは利用できないものとします。

(1)会員(個人の場合)
・会員が死亡したとき
・会員を成年被後見とする成年後見開始の申し立てがされたとき
・会員が死亡したとき

(2)会員(法人の場合)

・解散したとき
・破産手続き開始、民事再生手続き開始、会社更生手続開始その他の法的倒産手続き開始の申立てがされまたは内整理が開始されたとき。

 当サービスの変更、中断、終了)

11条 当法人は、事業上の理由、メンテナンス・システムの過負荷・システムの不具合・法令の制定改廃・天災地変・偶発的事故・停電・通信障害・不正アクセス、その他の事由により、当サービスをいつでも変更、中断、終了することができるものとし、これによって利用者に生じたいかなる損害についても、一切責任を負いません。

2.当法人は、本条第1項の変更、中断、終了にあたっては、変更等に先立ちまたは変更等の後、速やかに利用者に対して、サービスの変更等の内容を当法人ホームページ上に掲載する等の方法で告知するものとします。ただし、緊急やむを得ない場合は、この限りではありません。

3.当法人は、当サービスの変更、追加、廃止、停止又は中断等により、利用者が被ったいかなる不利益及び損害についても責任を負わないものとします。

 (当サービスの料金)

12 当サービスの利用料金は、無料とします。但し、賛助会員の場合は、当法人の会員細則に記載されている、当法人の賛助会員としての入会金・年会費を支払う必要があります

2.  利用者が利用者設備の準備にかかる費用およびプロバイダー契約とその維持等にかかる費用は、利用者が負担するものとします。 

 (禁止行為等)
第13条 利用者は、当サービスの利用にあたり、次の各号に定める行為をしてはならないものとします。
(1)当サービスに関する情報を改ざんする行為
(2)利用者以外の第三者になりすまして当サービスを利用する行為

(3)有害なコンピュータプログラム等を送信又は書き込む行為

(4) 当法人、他の利用者又は第三者の知的財産権等、個人情報、名誉、プライバシー等を侵害する行為 

(5)当サイト及び当サービスによって提供される情報、その他当サイトを利用することによって得られた情報、知識、ノウハウ等を第3者に開示または利用させる行為

(6)本人の同意を得ることなく又は不正な手段により第三者又は当法人の個人情報を収集する行為 

(7)当サービスの目的に反する行為、その他当サービスの運営・維持を妨げる行為 

(8)法令若しくは公序良俗に反する行為又はかかる行為を勧誘若しくは助長する行為 

(9)当サービスを利用し、当サービス以外の営業活動その他営利を目的とする行為 

10)当法人の信用を傷つけ、又は当法人に損害を与える行為 

11)当法人又は第三者を中傷、誹謗する行為 
12)虚偽の情報を送信する行為 
13)反社会的勢力等(暴力団、暴力団員、暴力団準構成員、暴力団関係企業、右翼団体、総会屋等、社会運動等標ぼうゴロ又は特殊知能暴力集団等の反社会的勢力、その他これらに準ずる者を意味します。以下同じとします)の維持、運営もしくは経営に協力もしくは関与し、又は反社会的勢力等と社会的に非難されるべき関係を有する等反社会的勢力等との何らかの交流又は関与をする行為

14)その他、当法人が不適切と判断する行為

(資格停止等)

14 会員が以下の各号に定めるいずれか一の事由に該当した時、当法人は、何らの通知、催告することなく、当該会員の資格を一時停止し、または抹消することができるものとします。

(1)7条4項に定める事由のいずれか一に該当する場合

(2)IDまたはパスワードを不正に使用し、または第三者に使用させた場合

(3)手段を問わず、当サイトの運営を妨害した場合

(4)当規約または個別規約等のいずれかの条項に違反した場合

(5)当法人の定める期間内に当サイトへのログイン又は更新が一度もなかった場合。ここでの期間とは6ケ月程度とする。ただし、当法人の判断によってはこの限りではない。

(6)賛助会員が、当法人細則第1112,3,4号及び第131に該当した場合

(7)破産手続き開始、民事再生手続き開始、会社更生手続きの開始その他法的倒産手続きの開始申立てがあった場合、並びに解散した場合

(8)その他会員等として不適格と当法人が判断した場合
2.前項に基づいて当法人が行った行為により会員に生じた損害について、当法人は一切の責任を追わないものとします。

 
(権利の帰属)

15条 当サイト及び当サービスに関する知的財産権は、当法人または当法人に知的財産権の使用を許諾しているものに帰属します。当法人は個別契約等について別途定めた場合を除き利用者に対して当法人が保有管理するあらゆる知的財産権の使用等を許諾せず、よって利用者が当規約に基づき当サイト及び当サービスを利用したとしても、利用者が当該知的財産権の使用許諾を受けたものとみなすことはできません。

2.利用者が当サービスを利用する際に投稿したデータの知的財産権については利用者に帰属しますが、利用者は、当法人に対して当該データを無償で使用、複製、掲載、公衆送信、公表、編集等のあらゆる利用を行うことを許諾するものとし、この場合、利用者は、当法人に対して著作者人格権を行使しないものとします。

 (個人情報保護)
第16
条 当法人は、利用者の登録事項その他の届出事項その他
会員に関する個人情報(以下「個人情報」といいます。)を、当サイト「プライバシーポリシー」に基づき、適切に取り扱います。

. 利用者は、当サービスの利用にあたり、当法人が以下の利用目的で、当法人が取得した個人情報を取り扱うことについて同意するものとします。
<利用目的>

(1)当法人は、個人情報につき、第3条に定める当サービスの提供および本条の利用目的に定める目的で利用するほか、当法人が行うマーケティング(当法人ないしは当法人が依頼する第三者のサービス・商品にかかる電子メールの発送、郵送によるダイレクトメール)の目的で利用します。
(2)
当法人は、(1)記載の利用目的を変更することがあります。この場合、速やかに変更後の利用目的を当規約に記載して公表し、第9条第2項及び同第3項の方法により
会員に対して通知します。

(3)当法人は、利用者の個人情報の属性の集計・分析を行い、個人が識別または特定できないように加工した資料(以下「統計資料」といいます。)を作成し、新規サービスの開発等における業務の遂行のために利用することがあります。また、当法人は、かかる統計資料を業務提携先等に提供することがあります。
(4)
当法人は、法令に従い、(1)記載の利用目的を超えて個人情報を取扱うことができます。

<第三者提供>

(1)当法人は、当サービスの提供にあたり、会員が自らの情報を提供することを希望する第三者に対して個人情報を提供します。
(2)
当法人は、当サービスを提供するにあたり、個人情報を外部(当サイトのシステム、プログラムを記憶するサーバーの所有者又は管理者、ダイレクトメールの発送代行業者等)に提供する場合があります。この場合、当法人は善管注意義務を尽くし、機密保持契約を締結した上で業務委託先を選定し、業務を委託するものとします。
(3)
当法人は、上記の場合その他法令に基づき第三者提供が許容される場合意外は、個人情報を第三者に提供しません。
3.
会員は、任意の判断により、当法人に対しうる個人情報提供の可否を決定できるものとします。ただし、会員が当法人に対して個人情報を提供しない場合、会員が希望する情報を入手できず又は当サービスの全部または一部の提供を受けられない場合があることを、会員は予め了承するものとします。

 (個人情報の利用停止)

17条 利用者は、当法人が保有する個人情報の利用停止・訂正・削除及び消去(以下「利用停止等」といいます)を、以下の方法で請求することができるものとし、当法人は、各請求につき、個人情報の保護に関する法律に従い対応するものとします。

(1)利用停止等の申出先
利用停止等は、書面により下記宛先に対して行うものとします。
874-0025 大分県別府市大字亀川1140番地の21
NPO
法人マックネットシステム

(2)利用停止等の請求方法会員
会員が利用停止等の請求を行う場合は、会員による署名押印のうえ、利用停止等を請求する旨の書面に、本人確認のための下記書類を同封してください。なお、同封いただいた本人確認書類は原則として返却いたしません。但し、利用停止等手続後一定期間保管の上、適切な方法で破棄いたします。
<個人会員確認書類の例>

①会員の住民票または外国人登録証明書の登録原票記載事項証明書いずれかの写し
②以下のいずれか1点の写し(会員本人の氏名、住所の記載がある部分)
・運転免許証

・旅券(パスポート)
・マイナンバーカード

・各種健康保険の被保険者証

 <法人会員確認書類の例>

     登記簿謄本の写し

     法人代表者の身分証明書の写し

(3) 利用停止等の請求方法一般利用者

当サイトの問い合わせフォームで使用したメールアドレスより、当法人の問い合わせフォームにて連絡

 (損害賠償義務)

第18条 利用者が、当規約、個別規約等並びに法令等に反する行為を行ったことにより当法人が損害を被った場合、当法人は利用者に対して、当法人が被った全ての損害(第三者に対する和解金等の支払いの他、弁護士費用等一切の費用を含む。)の賠償を請求することができるものとします。

 (免責)

19 当サービスの提供、変更、遅延、中止、廃止その他当サービスによって利用者が損害を被ったとしても、当法人は一切の責任を負わないものとします。利用者はこれを承認のうえ、自己の責任において当サービスを利用するものとします。

2.当法人は、利用者の個人情報を取り扱う場合には、SSLSecure Sockets Layer)など暗号化通信、その他適切な方法を用いて取り扱うものとし、第三者から不正なアクセス・使用及び漏洩・改ざんから情報を守るよう細心の注意を払います。ただし、万が一情報に対して第三者から不正にアクセス・使用及び漏洩・改ざんされた場合であっても当法人は一切の責任を負わないものとします。

. 当規約に定める場合の他、いかなる場合であろうとも、利用者同士間の紛争等について、当法人は何らの責任を負わないものとします。

4.当サイトを利用して行う利用者の判断、意思決定は、全て利用者が自主的に行うものとします。

(当規約及び個別規約の変更)

20 当法人は、事前又は事後の通知を行うことなく当法人の判断にて随時、当規約および個別規約につき追加、変更、削除等(以下「変更等」といいます)を行うことができるものとします。

. 当法人は、事前又は事後の通知を行うことなく当法人の判断にて随時、当サービスの全部、又は一部の提供を廃止することができるものとします。それにともなって当規約及び個別規約の効力が失われる事があるものとします。
3.当法人は、
当規約及び個別規約の変更等により利用者が被った損害につき一切の責任を負わないものとします。
 

 (準拠法等)

21条 当規約および個別規約等の準拠法は日本法とします。

2.利用者と当法人との間で、当サイトの運営及び当サービスの利用に関して生じた一切の紛争は、当法人の所在地を管轄する裁判所を専属的合意管轄裁判所とします。

 2021年7月1日から制定・施行



画面を閉じる